【新規】羽田空港用の原付2種スクーターその4

海森 寄与師老です。羽田空港行き原付2種スクーターは、盗難が怖いためオサレなスーパーカブ110(JA44)はヤメて、誰も見向きもしない、ありきたりの非高級スクーターのスズキアドレス110にしようと思っていました。ところがスーパーカブ110(JA44)より更にオサレなスーパーカブC125(JA48)実車を観る機会がありました。

所詮工業製品でしかないハズですが美しいんです。欲しい気持ちが抑えられなくなりましたが、盗難がががが。羽田空港行き原付2種スクーターなのに、JA44より更に盗難が怖いとは、実用としてどうなのよ論は残ります。いっその事、羽田空港行き原付2種スクーターという用途は諦めて、完全にファン領域の乗り物にしましょうか。

ファン領域の乗り物としてならスーパーカブC125と同じエンジンのモンキー125(JB02)もかなり良いですね。といってもモンキー50(AB27)を既に持っているのでキャラが被ります。まあ、ファン領域の乗り物は私の勝手で選べば良いだけですが。実用だけでモーターサイクル(スクーター含む)を選ぶことに疲れてしまいました。

別の角度からの対策もあります。羽田空港の利用頻度を下げる、または出張旅行の頻度を下げること。今’18年の成田:羽田利用回数は13:2です。羽田空港利用2回の内、1回は八丈島なので羽田空港以外選択肢がありません。ヨーロッパ線で深夜早朝発着の羽田空港のメリットのある便はNH0203/0204と/LH0714、JL0041/0042と/BA0007だけです。ロンドンが最終目的地になることはほぼない上、コネクティングにより便利なのはヒースロー空港やシャルル・ド・ゴール空港より、マイン空港とフランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港。ロンドンが最終目的地だとしてもNH0203/0204で、マイン空港⇔コネクティング便⇔ヒースロー空港、とすればJL0041/0042と遜色なく時間を有効に使える上、ルフトハンザリモヴァを買ってタックスリファウンドして帰れます。ということで私の場合NH0203/0204と/LH0714だけが該当します。八丈島に通い詰めるということでもなければ、羽田空港の利用は1回/1年というところでしょうか?だったら駐車料金が高くても自動車で行けば、それで全てが解決なのかも?

ekis_261 jannell.vernell@mailxu.com