ネスカフェ思い出CMソングです!

海森 寄与師老です。同じ年齢頃の、オヂさん、オヴァさん、達にクリスマスプレゼントを。ネスカフェのCMソングです。スイス(の仏語圏)で設立されたので、ネスレは仏語ですよ。英語読みのネッスルと呼んでいた時期もありましたが、法人名については(日米独英も)ずっとネスレです。少年、少女の頃に聞いたCMソングでムズムズしてみましょう!

ヨーロッパに行ってみたい野望をもっていた少年でした。ネスカフェのCMソングを聞くと、無性にヨーロッパに行ってみたくなりました。その他にも、バビル2世放映時のユーハイムのCM(ドイツ菓子でケルンの風景)と、水曜ロードショー放映時のホンダのCM(ラッタッタでソフィア・ローレンとローマの風景)もそそりました。随分後に実際ヨーロッパに行く様になってみると、インスタントコーヒーは見ませんし、イギリスでは紅茶の方が圧倒的でした。ラッタッタはありました。ユーハイムがドイツに輸出されていたのには吃驚しました。

有名なのは以下の5曲で歌手は全部アメリカ人です。①と②と③は混ぜて、’79年頃まで、ずっと使われていた気がしますね。④と⑤は’80~’85年頃だったと思います。CMが長期に渡り、CMに使われると長期のヒットになった様です。CMは専用の歌詞で1番の終わり部分に【ネスカフェ~】が入りました。終わりに、【世界中どこでも・ネ・ス・カ・フェ】のお約束ナレーション。CMは、ロケーション/曲/歌手/尺、違いで無数のバージョンがありました。同じネスカフェでも、ゴールドブレンドのCMはイケていませんでした。日本専用?若い時も、オヤヂになった現在観てもイケていませんよね。【キレもないのにコクもない】美味しんぼ風味でした。いえいえゴールドブレンドが、ではありません。CMが、ですよ!

CM用の曲のレコードは発売されなかったですし、オリジナル歌手以外に、カバー歌手も同時期に流れていたと思います。どれが本物なのかは後になって解ったことですけどね。バーブラ・ストライサンドだけはCM用の曲は歌っていません。④はCM専用の曲ですよ。音源もCM以外ないそうです。ジャニス・イアンがオリジナルといわれていますが、売っていなかったのにオリジナルもカバーもないでしょう?⑤はココアのCMだった気がします。カバー歌手は全くいなかったと思いますね。オネスティがネスレのCMってオヤヂギャグ?お茶だったら、もっと完璧だったのに。御ネス・ティー。

P.S バーブラ・ストライサンド/ザ・ウェイ・ウィー・ワーを口ずさむと帰りたくてムズムズします。

メムリーズ メイビー ビュリフォー アンディェット

ファッツトゥー ペインフォー トゥ リメンバー

 

埋め込みの下は、歌手/タイトル【邦訳】/発売年(CM起用年)/CM・非CM・CM専用

①Roberta Flack/Killing Me Softly【やさしく歌って】/’72/CM

①Roberta Flack/Killing Me Softly【やさしく歌って】/’73/非CM

②Barbra Streisand/The Way We Were【追憶のテーマ】/’74/非CM

③Diana Ross/Theme From Mahogany (Do You Know Where You’re Going To)【マホガニーのテーマ】/’75/非CM

④Janis Ian他/One World Of Nescafe/’80/CM専用

⑤Billy Joel/Honesty【オネスティ】/’79/非CM

mccainecarissa@mailxu.com keely_anja@mailxu.com