クレジットカードは持つべきです!

海森 寄与師老です。クレジットカードを持っていない方々が、田舎は大勢います。確かに同じ地域の中では、面が割れているので必要ないです。夷隅郡市に於いてはクレジットカードが使える店舗の方が珍しいですからね。同じ地域の者同士で(とは限りませんが)パッケージ旅行に行く場合も、クレジットカードは必要ありませんね。その時に使う、宿泊施設や交通機関とは、中間に入った旅行代理店の信用取引があるからです。

しかし、個人旅に出たらどうなるでしょう?現金を(旅が完結する迄)大量に持ち歩かなければなりません。旅の途中で通貨が変わる場合はどうします?ホテルは現金で支払するとしても、デポジットとして掲示が求められます。当初に含まれないサービスを受けた場合にはとても面倒です。レンタカーも同様です。身分証明書としてはパスポートが最上のモノですが、【経済的裏打ち】があるかどうかという意味が、クレジットカードにはあるのです。

実際の生活の容易さとは別ですから。田舎にはいますよね?収入が少ないハズなのに、綺麗な家に住んで、外車を乗り回している方々がね。この様な方々は、自己弁護しても、【一般カード】迄しか発行させてもらえません。40歳になろうが、50歳になろうがですよ!★★★★★以上のホテルは、現金を持っていても、泊まることは出来ないでしょうかね。

普通に社会人になり、安定収入が得られる様になったら、【一般カード】、30歳に近付き、クレジットカードもある程度の頻度以上で使えば、【ゴールドカード】にした方が良いです。前述、【何故か楽をして暮らしている輩】と差別化のためにも必要な義務だと思います。【ゴールドカード】以上の、【プラチナカード】や、【ブラックカード】は、クレジットカード会社と契約者との関係で、【学生カード】は保護者の信用で、【法人カード】は法人としての信用、ですから、ここでは割愛します。

P.S クレジットカードの利用限度額が、【ゴールドカード】は、カード会社や契約者で違いますが¥200万位かな?3ヶ月間ヨーロッパ出張に行っても¥150万程しか使いません。したがって私は限度額を¥150万にランクダウンしますが、毎年、自動的に解除されて、倍の限度額にされます。長期出張は引退したので、限度額は¥50万でも良いですけど。長期出張引退に伴い、【コーポレートカード】は廃止しました。これも【ゴールドカード】で、個人の都合では、限度額を小さく出来ないため、紛失のこと迄考えると不安でしたから。東南アジアや中国や日本国内では、世界的なカードよりも、【JCB】や、最近は、【銀聯】が強かったりです。2枚目としては、お薦めですね。こちらは、【一般カード】で充分ですから。

stafford.mona prevost