【注目】日本人の英語の先生の英語

海森 寄与師老です。イギリス人だったら、自国のことは外国人には、【U.K】といいます。【連合王国】です。リンゼイ・アン・ホーカーさんのお父さんの記者会見を聞きましたね?連合王国を構成する、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランド、の何処の地域の出身か、何処の育ちか、は、聞かれるか、サッカー絡みか、イギリス人同士か、でもないと、自分から述べたりすることはほぼありませんけどね。日系人(?)だとしたら、イングランド地域で育ったとしても、其処にアイデンティティを求めたりしないと思えます。例として、【I grew in Brighton of U.K.】という様に述べるのが自然だとは思いますけど。

そう、イングランドにではなくて、【連合王国】や州や街にはアイデンティティを求めます。【England】や、【America】という語彙は、日本の英語の授業で多用する単語なのです。駐在子息は日語教育を受けていますし、日語フォントがインストール済み端末でないと、あのbbsに辿り着くことは、不可能なハズ。つまり日語で検索し、【投稿】出来る状況です。英語は日常的に使っているので、【私はイングランドで育った!】と述べないと思えます。前述のことからは、駐在子息とは考え難い、日語の出来ない日系人(?)とは考え難い、【イングランド】人とは考え難い、です。はてさて、では何物が、何のために?ですか!?

春にも何かヤレよな!という意味だと思います。所謂、【自作自演乙】だと思われますね。【荒らしの輩】と同じ手法で、後から真打が登場し、聞かれてもいないこと迄自分で話す、ところもソックリですね!【問うに落ちず語るに落ちる】とは、まさにこういうことなんです!スレ立てした、【最初のハンドルネーム】が2度と現れないのも、【荒らしの輩】と同じ手法。誰かを陥れる訳ではなさそうなので、【荒らしの輩】よりは遥かに知能指数が高そうです。【愉快犯】と思えます。でも頭が良いなら、あんなbbsなんかで知能をひけらかしてないで、【イングランド】でも何処でも行って自分で宣伝すれば!そうすりゃ少しは尊敬されるぞ!

私は、あの町の町民ではありませんが、同じ郡内の出身なのです。【愉快犯】だとしても許せません。どうも、我々は、【房総原人】として、バカにされている気がしてなりません。勿論、【房総原人】の内にも、【荒らしの輩】がいたりして、それはそれで、【恥】ですけど。何かしでかしそうなら叩きますよ!でも気が付いたのですが、【荒らしの輩】が騒ぐのは、季節の変わり目だけなんですね。もしかしたら、【病気】なのかもですね?!だとすると、私がしていることは、【弱い者イジメ】だったのか?今回の、【英語の先生】は安定した冬の最中なので病気ではないでしょう!学校の英語の成績は凄く良さそうですけどね?!

heiderman.cherlyn@mailxu.com