やりがい搾取を調べました!

海森 寄与師老です。第3セクター鉄道関連で聞く様になった《やりがい搾取》とは、新しい経済用語の様です。私は経済のことについて、大した知見はありません。学んだことがないからです。ということで調べてみました。随分と範囲が広いことにたまげました。簡単にまとめると、自分の夢を求めなさい、好きなことを仕事にして自己実現をしなさい、との風潮に現代の日本はなってきて、これ自体は悪いことではないですが、現実にはそれで成功する人はごく一握りであって、昔は才能や能力のない者には親や先生や先輩が現実の厳しさを忠告したものですが、最近は誰も忠告はしないので、若者たちは好きな分野でいつの日か夢が実現できるということで、単純な仕事でも、報酬が安くても、頑張り過ぎ、結果的に働き過ぎるという《自己実現ワークホーリック》に陥ります。《好きを仕事》にした者たちを仕事中毒サイクルと徹底した自己責任論理で追い込んでいき、彼らを食い物にし搾取する論理のことを、《やりがい搾取》と呼ぶのだそうです。この部分はやっと就職できた者や、資格を得るにインターンが求められる業種(医師や教師)のインターン期間、民間委託研究を受けた大学院の大学院生、に対しても含む定義ということです。

’08年に女優の高樹沙耶(改名した?)のblogのある記事が炎上したことで、ボランティア分野でも使われ始めた様です。高樹沙耶のエコライフは一部週刊誌で《似非エコライフ》《週末どころか月末エコ》と揶揄され、地元の方との軋轢も聞いています。安房郡市のことですから、他人事ではないです。夷隅郡市に来たかもだったのです。ホント来なくて良かったです。詳しい話は割愛しますが、自分の家を建てるのに、施工費用を抑えるために、ボランティアと称したものを募集したことに端を発していました。その後に第3セクター鉄道関連で使われ始めた様です。女優といえば人気業、第3セクター鉄道も《鉄道ヲタク》には人気業です。ボランティアを使う側の、お抱え団体はマズイですよ。特定企業や別団体の下請けでなく完全任意のアクティブな民間ボランティア団体と謳わなければいけません。謳ってるだけで、実情は費用発生ない下請けというのはツッコミ所満載でマズイです。私は、いすみ鉄道に関しては団体に所属するのはヤメて、《自分が好きでやってる》ことにして、個人で活動します。中長期計画も必要ありませんし、報告の義務もありません。やりたくない日には活動しません。上総東駅付近が綺麗だったら、《何かしたんだな》位に思って頂ければそれで幸いです。私は目立つ必要はないですし、やらなくても少し見栄えが悪いだけで誰も困りません。

’11年3月11日の大震災、大津波後のボランティアは多数いらっしゃいました。私も角田市と陸前高田市と旭市に行きました。被災地ボランティアはいわばサバイバルで、全て自分持ちなのは被災地なら当たり前ですし問題にもなっていませんでした。震災後9ヶ月以上が経ち、現在のボランティアが少ないことが問題だと聞きましたが、現在は被災地で仕事をしている方もいらっしゃいます。もうボランティアがサバイバルしていたら変ですし、現地の旅館を使う方が経済的にも被災地支援にも理にかなっていますね。ところが、それを拡大解釈したような商品まで現れました。【夜行バスで行く被災地泥かき1泊3日プラン】の様なものです。大体3万円とか。日当ではなく参加者が払うんですよ!こうなると誰が見ても《やりがい搾取》です。那覇市(沖縄戦没者人骨収集にホームレスを優先的に雇う)を見習って、仕事に就いていない者を優先的に日当で雇えば、《やりがい搾取》にはなりませんし、自分に足りないものも具体的に解る様になり、ダイエットにもなります。この方法に予算を充てて欲しいものですね。

震災直後の期間に、私の述べる、【何かした気でいるオヴァさん】の存在が明らかになりました。汚れにも危険にも遠い安全地帯に立ち、褒めことばを操り、知り合いを動かし、BBSに他人が行ったことや、記事をコピー/ペーストだけしていた者(達)です。【バカ参謀】といい換えても良いです。世間的には、【人にやらせて自分が投稿ババア】とも、いうのだそうです。自分が目立ちたいのが目的だとしか思えませ。これも《やりがい搾取》でしょう。第3セクター鉄道関連のボランティアより、私はこちらの方が問題だと思います。団体でもなく、自分もボランティアの振りし、ボランティアを動かし、自分は何もせず、BBS投稿し、目立つことで悦に浸ってる。この輩は圧倒的に女性が多いそうです。《やりがい搾取》とは認められていない様ですが、《ダチョウ倶楽部》の【どうぞ、どうぞ】と全く同じ構図です。

P.S 物事には優先順位があります。時間が経過すれば、優先順位も変わってきますが、現在の被災地での優先順位は、行方不明者捜索、被災者の暮らし、暮らしのサポート、暮らしに関わる部分の復旧です。鉄道の復旧は下位なのです。街が移転してしまうかも、なのに震災前路線を復旧させても仕方がありませんが、鉄道会社が鉄道会社をサポートするのはアリだと思います。《人の役に立ちたい》と思う、鉄道ヲタクがいることは、ヲタク文化を高める上で喜ばしいことですが、その時点での優先順位が上のもののサポートも考えてみてください。

connington-319@mailxu.com