【新規】ナッツ・リターンって美味そうですけど?

海森 寄与師老です。【ナッツ・リターン】はもう少し早く流行っていたら、日本でも今’14年流行語大賞になっていたでしょう。初めて報道で聞いた時には、新手の煎餅菓子かなんかだと思いましたよ。ハッピーターンのシリーズかなんかで。しかし、亀田製菓とか新潟県とかの文言は出てこないし、韓国だとか大韓航空だとか?何か煎餅ではなくてキムチ臭いけど!?

ナッツリターン事件のあらすじですが、韓進グループ会長チョ・ヤンホ(趙亮鎬)長女の大韓航空副社長であるチョ・ヒョンア(趙顕娥40)が、12月6日ニューヨークから韓国に向かう大韓航空(KE)086便に搭乗し、ファーストクラスだというのに?CAがマカダミアナッツを皿ではなく袋で出しことに腹を立て、『飛行機から降りろ』と激怒。CAがマニュアル通りですと回答したところ、マニュアルを持って来る様に要求。チープパーサー(機内のサービス責任者)がマニュアルが入っているタブレットを持参するもののパスワードが入力出来ず、CAの代わりにチーフパーサーに降りるように指示したとか。態々ゲートまで引き返させチーフパーサーを降ろし、飛行機を11分遅らせた事件。救急とかで戻ることはあります。ランプ・リターンといいます。

韓国の法律は乗務員に対する指揮監督は機長がするということになっていて、チョ・ヒョンアは副社長であるが、乗客として搭乗しているだけの者が航空機を引き返させたということは、重大な越権行為・法律違反にあたるということ。チョ・ヒョンア副社長はチーフパーサーに持ってきたマニュアルで何度か手を叩きケガを負わせ、CAにも暴行を働いたという疑いも浮上。2人には土下座迄させたとも。大韓航空はナッツ・リターンを隠蔽しようとチーフパーサーに罵声は浴びせていない、飛行機は自分で降りたと嘘の証言をしろと説得したという話も。結局は、韓進グループ会長のチョ・ヤンホの会見で、チョ・ヒョンアは副社長をはじめ全ての職を解くということで辞任に。でも、大韓航空のファーストクラスは離陸前にナッツを皿に盛り提供する?他の航空会社は飛行機が安定する迄何のサービスもないです。機体が斜めになったり揺れたり、ナッツをばらばらと撒き散らす可能性があるので、提供しないのがベストでしょうが、ベターでも袋で提供するならアリかなとも思いますが。

この女の話には良い噂というのは全く聞いたことがありませんでした。大韓航空だけではなくて、釜山港関連でもですよ。【ナッツ・リターン】と、最初に報道したのはBBCですよ。英語のしゃべりことばでナッツには、【狂っている、変な】という意味もあります。イギリスTV局のこの事件のネーミングのセンスが抜群!この女は整形手術を多数させられているというのに、大層なブスで、プロフィール写真は捏造されたモノです。これでは日本の、【熟女パブ】で指名は得られないでしょうね。

3123

 

 

 

 

 

3124

butrick.mariah