【新規】台湾に感謝し、恩義は忘れない!

海森 寄与師老です。先週末の沖縄本島行きの宿は、台湾人のアーイー(おばちゃん)が経営する民宿で。今迄、日本人(やまとんちゅ)が経営する安宿(ドミトリーとかゲストハウスとか呼ばれる)を使っていたのです。安いことも勿論でしたが、スタッフと個人的な繋がりがあったためです。こういうところは、職場としては最低でしょう。スタッフは入れ替わりが激しく、50回使おうが、100回使おうが、【顔】が効かなくなりました。更に貧乏学生が朝方迄、【ゆんたく】し煩くて寝られないこと。結構な年齢の宿泊者には、【世捨て人】も多数でトラブルも多く、私の年齢が上がったせいか、煩わしく思い始めました。

日本人同士だと、つまらないことで諍いが絶えません。特に故郷にずっといて外に出たことない者同士では。外とは県外位のスケール。大多喜町の者が千葉市に行った程度では、外に行ったことにはなりません。しかし、他民族や他国家の方と話す場合は、【自分が日本人の恥になりたくない】という心情が働きます。これは私だけの思いではないでしょう。おそらくは日本人ならほぼ全ての方々がそうでしょう。同宿の台湾人の方々(旅行会社添乗員)も、【自分が日本人に対して台湾人の恥になりたくない】と思っていると(しかし、韓国人には日本人と同じ感情は持たないとも)述べました。

昨’14年5月に台湾に行きました。その際、台北市内で知り合った台湾人の方(日語が出来る)が旅行関係者で、沖縄本島と石垣島のツアーを主催する業務が多いとのことでした。台湾人のパッケージツアーには、専用の宿泊施設と食堂がある、と教えていただき、那覇市内の宿泊施設と食堂を紹介されたので、今回は使ってみたのです。何時も使っていた安宿にも近く、土地勘も働きます。公設市場と農連市場も近く、まちぐぁー巡りも楽しいですしね。安宿と同じ価格なのに、日本人の貧乏学生も世捨て人もいません。台湾人の方々と楽しく過ごせました。

話題は、’11年3月11日の東日本大震災の台湾からの義援金(なのか救援金なのか定義は知らないが)に。200億円以上のお金が台湾から日本へ。私はそのお金を使ってはいませんし、どの様に日本国内で使われたかは知りません。しかし、私と同民族の誰かが、それで救われたでしょう。私は日本人としてお礼を述べました。【自分が日本人の恥になりたくない】ですし、台湾人の方々との関係で知った宿ですし、そこで知り合った台湾人の方々。私が自動車メーカーのエンジニアで、初めての海外出張がモーターサイクルの業務でSYM(三陽機車)だったことを凄く感動してくれました。

P.S 台湾人の方々から教えていただいて知りましたが、韓国も政府主導で義捐金を集めたとのことです。極僅かしか日本に届かなかったが、その他の大部分は、【独島警備】に流用した、とのことでした。火事場泥棒というのか、やらずぶったくりというのか?日本人の私にリップサービスの部分もあるのかもですが、台湾人も韓国人は大嫌いとのこと。日本という国家がどうダメかはさておき、【日本人って捨てたモンじゃないぞ】とは思って貰えたと、自画自賛しておきます。

ekis.322@mailxu.com