【新規】『ファミリーロッジ旅籠屋』をご存知?

海森 寄与師老です。気になっていました。栃木県日光市で使ってみました。アメリカのモーテル(ラブホテルではない!)の感じです。ちなみに(イギリス以外の)ヨーロッパでは街道筋には宿泊施設はなくて、観光地でも街とか村の集落内です。同僚女性とお泊りで、結局ラブホテルとしての使用でしたがががが。

栃木県から夷隅郡市に帰る際毎回、松尾横芝i.c傍の、『ファミリーロッジ旅籠屋』を観ていました。千葉県民で知っている方が多いかもです。また何年か前、【鈴鹿8H耐久ロードレース】のチームスポンサーもしていたので、モータースポーツをする方も名前だけは知っていたかも?東京都の方には馴染みが全くないのかもですね?

旅行をする際、宿を事前にリサーチするのは楽しいですよね。しかし、そんな楽しみを忘れてしまう位の最強過ぎの宿です。こんなに広くて、安くて、こちらが申し訳ない位の感じ。駐車場も完備ですがオープンです。知っていれば問題ないですが、モーターサイクルの場合、荷物は全て外しましょう。別ロックも、出来る限り取り付けましょう。

ホテルでは食事をせず、地元の飲食店で食事をしたい人や、温泉も日帰り温泉で楽しみたい人、安くて綺麗で広い部屋へ自由に泊まりたい人には、旅籠屋は絶対におススメ。旅行の予定がある人はチェックしてみましょう。ラブホテルとしては、ラウンジに子供がいたりするので、うーん?他のお客さんにも会うので、夫婦に観える位、仲が良ければOKですかね?!それにしても、宿泊施設も価格破壊が進んでいますね!消費者としては選択肢が(安い方向にも)増えてありがたいです。

 

●広い!清潔!

一般的な部屋は、ダブルベッドより大きいクイーンサイズのベッドが2台、バスとトイレは別。 4人でも泊まれる位の部屋で、1人~2人だと素晴らしく広々と使用出来る。ネットも完備なのでPCを持ち込めば仕事も出来ちゃうかな?私は頼まれても、そんなことは絶対にしませんけどね。

●安い!

宿泊費はこんなに広い部屋で、レギュラーシーズンで1人1泊¥5,000。2人でも¥8,000。連休前でも¥10,000という破格。この価格で他ホテルに泊まると部屋が狭かったり、ボロかったりするが、25m^2のクイーンサイズベッド2台の豪華な部屋。広いことが喜びになるとは思ってもみませんでしたが、うっひょー!という感じです。

●立地が良い!

宿泊費が安くて部屋が広くても交通が不便だと使えません。しかしロードサイドホテルなので店舗が高速道路のi.cに近い場所にあって便利。栃木県佐野s.a店はサービスエリア内にあり、長距離移動のときは朝の一般道の渋滞に巻き込まれることなく出発することも可能ですね。自動車の旅だったら、これは快適さに繋がると思いますね。

●サービスが丁度良い!

サービスは丁寧過ぎない、素っ気なさ過ぎない、丁度良い、が魅力。チェックイン時お金を支払い(s.a内以外は現金払い)、帰る際はフロントにあるボックスへカギを返せば、早朝チェックアウトが可能。アメニティもボディソープ、シャンプー、タオル、と必要最小限で、髭剃り、歯ブラシ、はいえば無料で貰える仕組み。元々お風呂道具は全て運ぶ私には関係ないですが、それにより、低価格なのであれば、【旅人は自己完結】をモットーとする私には、喜ぶべき内容。朝食はコーヒーとトーストがラウンジでサービスされてます。朝食は食べなきゃいられないけど、豪華である必要もありませんから、これでいいのだ!

●ムダが省かれている!

大浴場もない、高級ホテルのサービスもないです。宿泊客にとって必要ない場合も多くあります。必要ない部分を徹底的にカットし、丁度良いサービスと広く清潔な部屋を提供する仕組みは凄いです。ラウンジの居心地はルフトハンザのファーストクラスのラウンジ並みに(過剰なサービスもなく、清潔という意味で)居心地が良いですね。ルフトハンザと違うのはビール(ビーアー)のサービスがないことだけ?まあ、自動車の旅を想定しているでしょうから、不要というより害ですからね!

rindal