文章が書けない?って、どんな生活?

海森 寄与師老です。私の文章は、テクニック的に人に褒められたものではありません。しかし、そこそこネタも豊富ですし、2,000文字位の文章ならば比較的スラスラ書けます。文章が良いかどうかを述べたいのではないです。私の敵(?)は文章が得意な者が多く、それを述べるつもりはありません。自ら墓穴を掘るので。何で文章が書けないか?です。文章を書くのは自分のなかにある知識や経験を出す手段ですよね。アウトプットですね。アウトプット以前に、インプット(自分のなかに知識や経験を入れる)が前提条件ですね。

中身が空っぽでは何もアウトプット出来ませんから、インプットがとても重要なのですね。文章が書けない人は、文章スキルがないからと思う様ですが、私でも文章は書けます。本質は、自分のなかに知識や経験の在庫が全くないのが原因、というのが大半では?『文章を書こうと思っても全く書けない』と悩みを持つ方は、その原因を誤解しています。ストーリーも作らなければならないなら別ですけど!創作も含まれることになりますから。作家の仕事はクリエイティブなので大変そうですが、一般の文章は小説ではありません。

文章を書くのが苦手だとしても、自分の趣味や好きなこと、興味を持つこと、嫌いなこと、について書いて!といわれたら何かしら書けるでしょう?或いはメールだったらどうか?家族や友達とメールのヤリトリするのに、文章が書けないなんて悩むことはないでしょ?自分のなかに知識や経験があれば文章は書けます。書けないのは自分の頭の中身が空っぽだからと考えてください。何のために知識や経験を出すのかは、人夫々ですよね。勝手に書いているなら、書けなくても良いかもしれませんが、報告の義務がある場合は?

視察の感想文が、『楽しかったです!』だけだったとしたら、大人としてはどうですかね?勝手に書いているのだとしても、特定領域(鉄道だけとか、モーターサイクルだけとか)に偏っていたら?私が訪問者だったら、その執筆者の文章は読み続ける気が失せます!どんなに鉄道が好きでも鉄道を食って生きてる訳ではないですよね!どんな執筆者にも、先ず人間としての生活があるハズ。誰だって、飯を食い、風呂に入って、眠るのですよ!知識や経験を述べなくても良い場合には、話のネタなんて万人に平等にあるのですよ!

 

P.S1 ネタがないなら執筆者から観て異性、私なら女性、しかも綺麗な方のことを述べていれば、共感も得られやすく、敵も出来ず、【アクセス増】ですね。しかし、私の文章では、一方が綺麗な女性のことなら、他方で○×のことを書きますから、敵が出来易いですね。例えば、女性ライダーの他力本願感は嫌い!で女性サーファーの自己完結感は好き!

自動車社会に出るのだから、取り回しが出来ないのは誰のせいでもなく、自分の問題!そこで女性であることを強調されても?取り回し易いサイズのモーターサイクルですか?大き過ぎるモーターサイクルをローダウンしていませんか?シートさえ低ければ扱えると思うこと自体が大きな間違い。逆に、乗れる方ならつま先ツンツンでも問題ないのです。ライディングの質を上げるべくトレーニングするとか、そのモーターサイクルを扱える体力を付けるべくトレーニングするとか、はしないでシートを下げてしまう。カクワルですから!大型モーターサイクルをシャコタンにしてヨタヨタ走って、他人に取り回してもらう位なら、250ccで元々の高さのシートで、自己完結出来て、ビシッと走れた方がカクイイのです!

女性サーファーはゲッティングも波待ちも自己完結です。海の上では手伝えないですし!男性と張り合って波の取り合いしますよ!ボディボードならともかく、同じショートボードで、波を取られてしまうことも。オヂさん、結構ショックだったり、嬉しかったりしますけどね!

みたいな書き方です。好きと嫌いを書く順番というのは、その時の、【掴み】によります。

P.S2 日語の文章では、一般的には0.1%(1,000文字に1件)は誤字脱字が発生するといわれます。しかし、例えば同じ執筆者でも夜中や不調時に書けば発生率は増えます。次朝に読み直すとか、団体のサイトであれば別の、【校正者】を設ければ防止出来ます。変換誤字なら訪問者の方で文脈から推定すれば良いのですが、推定不能の変換をすると読む気が失せますね。元々その漢字や熟語の意を知らないだろう?と思われますよ!

justino@mailxu.com