【新規追記】うっ、コレだったら欲しいけど!

海森 寄与師老です。泡銭は機械式時計と時計部品で消えました。貯金は失った後、その価値が解るもので。スクーターは欲しくない⇒だから時計のメンテと増台、ということにはしましたが、オフ車も視野に入れての貯金でしたからね。

しかし、これなら欲しいぞ!というモーターサイクルが現れました。クリーブランド・モーターサイクル・ワークス(CCW)というメーカー(ヘイストのメーカーといったら解る?)のFX110というモデルです。¥27万と何処かで述べた額より小さいですよ。ホンダの水平エンジンなので自分で弄れますし、組み立てはCPI(台湾のモーターサイクルメーカー)で製造品質はかなり凄いです。有名処では、燃料タンク付け忘れたモーターサイクルの様に観える、あのスクーター(GTR)を造っていました。

実は冬に、スイス時計ではなくてドイツ時計を一般財源で買おうと思っていたのですが、ヨーロッパ行きの最中買ってしまいました。特殊なモデルを。これを同じメーカーというか、同じ時計工房というか、の一般的なモデルにすれば差額は出せたハズですが。これで冬に一般財源で買うことも出来なくなりました。勿論、泡銭の貯金は続けますが、何時になったら買えるでしょうか?

トリッカーにセロー・ホイールを組めば1粒で2度美味しい、と思ってはいたのですが、それだって約¥10万はかかりますし、用途によっては都度、ホイールの組み換えが発生しますしね。但し、トリッカーと違って110ccなのでこのモーターサイクルだけで遠くには行けませんが、トランポは持っていますからモーターサイクルのモデル選びとしては無次元化出来ます。

3136

sumida@mailxu.com natishay@mailxu.com