ゴミ拾いはとても有難いのですが

海森 寄与師老です。いすみ鉄道関連の全ての方々にお願いいたします。ゴミ拾いをしていただけるのは地域の者として大層有難いと思います。しかし、普段生活したことがないので知らないと思いますが、自然の猛威がある地域です。ゴミを捨てた輩はたまたま何も被害を受けずゴミを捨て帰れたのでしょう。ゴミを拾ってくださる方が被害を受けたのではシャレになりません。再考をお願いいたします。どうしてもヤルというならば止めません。自己責任でお願いいたします。後の泣きごとなしです。解りますよね。大人でしょうから。

というのもニホンマムシが冬眠明けなのです。基本的には夜行性で森林にいるのですがこの時期は手っ取り早く餌にありつける水田の周りの茂みに出てきます。昼間、寝ているマムシに気付かず、人間から触れてしまい咬傷を受ける事故が度々発生します。マムシは臆病で、(無毒のシマヘビが天敵のため)ヘビの音さえ気が付きます。どの程度効果があるか?ですが、ガラポンガラポン音を発するモノを身に付ければ、先にマムシが気付きます。マムシの方からわざわざ出向き襲ってくることはないです。イヌやネコはマムシ毒に耐性がある様なので、露払いとして連れて行く方法もアリでしょう。でも腫れるそうですよ。

当該ポイントのゴミ拾いは立派なフィールドワークです。長袖、長パンツ、ゴム長靴は最低でも装備してください。そして何か発生した時のためバディ(相棒:関係性は不問ですが、ことばが通じる相手)と行動してくださる様お願いいたします。地域の者、現場作業が生業の方、登山や渓流釣りが趣味の方、がいらっしゃれば尚一層安心です。地域の者でも、動く前から飯の心配をする様な全く役立たない者もいます。そんなのとでも1人で活動するよりはマシです。1人での活動はくれぐれもお止めください。もし、咬傷を受けても慌てず、速やかに処置可能医療機関でマムシ抗毒素血清投与治療を受けることを、お願いいたします。このwebsiteの固定ページには夷隅郡市内の医療機関を掲載してあります。活動の日時、曜日、やっている医療機関と、血清の有無の確認を、お願いいたします。

マムシ抜きならば、【余所者の知恵と行動力】だけでやってみれば!と思えますが、私は知っていて黙っていることは出来ません。【余所者の知恵と行動力】だけではダメですよ。逆のことをいつも述べてる、おっさんもいますが、こういう場合には表には出てきません。面倒なこと、汚れること、痩せること、危険なこと、は勝手にやって、ということですかね?国吉駅で、【役立たない地域の者】とくっちゃべってる時間があるなら、自ら率先してゴミ拾いでもすれば、【役立たない地域の者】以外、【普通の地域の者】にも愛されるでしょう。いすみ鉄道の取り巻き達が、沿線の害になりつつある、というのは歴然とした事実です。これらをどう処理するか?対応を考えてこなかったツケです。当該ポイントのゴミ拾いは、この瞬間からということではありませんが、結局は地域の者が片付けることになります。【くろ】(畔)破壊と同様泣き寝入りです。問題点先送りではありますが今後の課題です。【余所者の知恵と行動力】の使い方は、すでに存在するゴミを拾うという【戦術】ではなく、どうすればゴミを環境に出させないかという【戦略】に使っていただくことを切に願います。『地元の人間はバカばっかりだから!』前出おっさん談。『悪かったなバカで!』私談。

写真はニホンマムシ。外観特徴は、《丸書いてチョン》の模様と、《エラの張った三角頭》で色は写真の様な褐色が多いですが、赤っぽい個体もいます。

pesta.stacie