【新規】困った、社内の噂が好きな同僚には?

海森 寄与師老です。職場には、【他人の噂ばかりしている困った人】がいますね。他人の噂って、ほぼ悪口傾向なので、士気が低い者≒【他人の噂ばかりしている困った人】でしょうか。 仕事に夢中なら他人のことなんて気になりませんよね。ご他聞に漏れず、私の勤め先にも結構な発生頻度で存在します。同じ勤め先の読者もいるので個人名は明かしません。

他人の私生活は仕事の上ではあまり関連がありません。【他人の噂ばかりしている困った人】は他人の不幸を聞くことで、マンネリ化した日常に変化を求めているのでしょう。特に、人事の噂では、その結果に至るプロセスにこそ、【しくじり先生】的な示唆があると思いますが、結果だけを噂しますね。これでは前向きとはいえず、そこからは何も生まれませんよね?

同僚なんて所詮は他人。会社を辞めてしまえば関係もなくなって、おそらく二度とは会わないでしょう。そんな希薄な関係の他人のことに貴重な時間を費やしても、【他人の噂ばかりしている困った人】の将来や能力にはメリットなんてないハズで。健康のことを(これはこれで重要だが)除くと、幸せになれる方法があるなら、【仕込みの努力】と、【仕込みの時間】では?

噂に時間を費やす価値って?将来のための(趣味や収入や暮らし等の)本を読んだ方がよっぽどマシだと思いませんか?【他人の噂ばかりしている困った人】の会話に引き込まれそうになったらやんわりと、『それはさておき、』と前置きした上で、本題(業務上か、完全に個人的なこと)にすり替えて、【他人の噂ばかりしている困った人】の輪に入らない様にしましょう。

saras_verdell@mailxu.com