【新規】超内陸へのツーリングに持って行く?!

海森 寄与師老です。先の週末は南会津郡にツーリング。宿は定番の只見町ではなく桧枝岐村でした。栃木県宇都宮市からだと150kmと近過ぎるため、自分を疲労させるのに、乗るモーターサイクルをモンキーにすることで補正をしました。

特に事件も事故もなく無事だったのですが5月の桧枝岐村はかなり寒いです。宇都宮市を出る時点で25℃程あったので、夏ジャケット、夏パンツな上、天気予報は曇り時々晴れだったため合羽も持っていませんでした。震えながら走行しました。日曜の朝なんてたった7℃!ということで、一刻も早くツーリングを終わらせたかったため、道中の写真なんてありません。

それはともかく、桧枝岐村は秘境ですからかなり綺麗な場所です。オーストリアのチロルに植生と建物と山容以外は風景が似ています。早い話が道路と川以外は似ていないのかもね。物凄い絶景ではないですが良い景色といえるでしょうか。モンキー等のミニバイクでも行けますが、南会津郡は舗装路面が凸凹で悪いため、ロード車よりもオフ車がおススメです。桧枝岐村だけは舗装路面がかなり良いのですが、1本道で追い越しも出来ないためロード車のメリットは全くありません。

内陸の、深さ、本気度、本格度、は大多喜町や埼玉県の都市部なんかの比ではありません。蕎麦自体かなり美味ですが、汁に海産物の出汁が全く入っていない様で、ほぼ醤油と味醂と茸出汁です。山菜のおかずだけではご飯もすすまないことも解りました。動物性淡白質はツキノワグマとサンショウウオしかありません。バンコクに行けばタガメを喜々と食す私でも、サンショウウオの天麩羅は衝撃でした。この地域では、ご馳走らしいのですが、残念ながら食べたいとは思いませんね?本気の内陸に行くなら、さんまの蒲焼、いか味付け、さば水煮、の缶詰を持って行くことは必須ですし、強くおススメします。

couseytatiana@mailxu.com vogelsang.selina@mailxu.com