敵がどんな者か知っておきましょう!

海森 寄与師老です。《鉄道マニア》がどんなヤツらか、いすみ鉄道に関連したwebsite、blog、BBS等を観ても解りません。当事者の【投稿】なので、客観的に自分のことについて語ってはいないからです。

同僚に聞いて、見つけました。一橋大の鉄道研究会の資料です。無断転載を禁じているので、リンクします。第2部と第3部が参考になります。イヤな思いもしたんでしょうかね!地域、沿線の方々も、これを読んで少しは理論武装して、先ずは敵を知っておきましょう。

でも、ここで述べていることが全てではないです。何事にも例外と抜け道はあるものです。このまとめ中はハッキリと書いていませんけれど、鉄道マニア≒非スポーツマン、では?といえるでしょうね。悔しいこと、諦めなければならないこと、に対しては我慢が効かない特性があるのかも?良く聞く、《切れる撮り鉄》はコレに起因しているかもしれませんね。《撮り鉄》にとっては、シャッターチャンスが最もたることでしょうからね。

ざっと、見た限りでは、社会性の残っている、《鉄道マニア》だけが研究対象の様ですね。どうしようもない、初老の、《鉄道マニア》の、高飛車な、高慢ちきな、態度はあくまで個人の所業ということですか?アンケートにも答えられない相手じゃ、含まれなくても当然か?私個人は、この種の半端なジジイが最も許せない、《鉄道マニア》のタイプですけどもね。

baldinger.anja@mailxu.com