【新規】沖縄本島脱出のために考えていること

海森 寄与師老です。那覇空港で空自F-15トラブルで滑走路閉鎖されましたが、私の搭乗便はトラブル前に離陸しました。かなりの頻度で那覇空港を使っているので結構色々と掠めます。台風も多数遭遇しましたが、沖縄県で台風はトラブルの内には入らないでしょう。

’07年8月20日にはCI0120便炎上がありました。私の搭乗便は事故前に着陸しました。当時8月連休後休暇を足し取得し、ダイビングインストラクター訓練のため到着後直ぐプレジャーボートでチービシ(那覇空港沖合い無人島)に向かいました。10:30頃~12:00頃迄、煙を眺め不安になったのを覚えています。

海の上ですから情報はラジオしかなく、旅客機の火災だと中々解らず、那覇空港が攻撃されたのでは?とも思いましたが昼近くになり、三重城港(那覇市の漁港)にいた他船からの船舶無線で旅客機火災で人的被害がなかったと知ったので、ダイビングインストラクターの訓練(アマチュアダイバーの統率)を粛々と行いました。

出かければ色々な事に出くわしますね。台風は過ぎ去るのを待つしかないですが、沖縄本島から脱出するための手段は那覇空港利用以外に頭の中にあります。沖縄本島に行くのに必要ないパスポートを何時も持って行くのもこのためです。沖縄旅行にはパスポートを持って行くことをおススメします。台湾に船で渡れば別の道が開けますから。

harriston_latonia@mailxu.com