七里川渓谷を紹介してみます!

海森 寄与師老です。沿線(といえるか?)紹介をしてみます。亀山ダムの上流の君津市黄和田畑(きわだはた)~鴨川市四方木(よもぎ)にかけての七里川(しちりがわ)渓谷。此処は養老川水系との分水嶺の西側にある小櫃川水系です。七里川とは呼ぶものの、小櫃川の本(主)流です。久留里線と木原線が繋がっていれば黄和田畑駅?が出来た?

鴨川市四方木は小櫃川水系の最上流部ですが、1954年6月1日君津郡市(亀山村)から安房郡市(天津町)へ郡域変更しています。時が時なら上総から安房の国替えですけど。理由を調べても資料がありません。清澄(きよすみ)山、妙見山や清澄(せいちょう)寺の付近の字(あざな)は、【清澄】ですが、【四方木】の飛び地がありますね。1954年6月1日以前は郡域間飛び地です。郡域間整理より、【四方木】全てを安房郡市に編入すれば、郡域間飛び地は解消します。字間飛び地は残りますが。現代的な分水嶺境界にすれば、全て君津郡市であるべきだと思います。郵便事業の合理化のためではと思われること、清澄寺が絡む郡域設定と思われます。昭和なので水利権で決めた時代ではないです。

この水系には、亀山ダムと片倉ダムが既にあり、更に本流の上流にもダム建設計画が。地域住民と県民有志の運動で建設中止させた経緯がある程自然豊かな流域なのです。【建設計画即時中止と抜本的見直しを求める声明】を’00年提出、’01年認められました。千葉県は悪代官ばかりではなく、県民有志の運動にも力があると知ることが出来ました。この工事は¥260億かかるとされていました。無駄な出費も抑えられて良かったですよ。そういう経緯ですから、自然を愛でる気持ちがある方だけに行っていただきたいのです。君津市や千葉県山岳連盟自然保護委員会がクリーンハイク主催してくれているのです。コンビニ等は近くには全くありません。何もない場所ですよ。飲料/食料は準備必要です。自分のゴミは必ず持ち帰ってください。【来た時よりも美しくして帰る】を実践しましょうね!人間や犬が川に入るのはOK。生き物を捕まえるのもOK。でも希少種かも?帰る迄には放してあげてください。渓谷散策は、長袖シャツ、長ズボン、ハイキングブーツ、虫除け、が必要です。ヤマビルは養老川水系同様にたくさん。濃い塩水とスプレーボトルも必須。

上総亀山駅からは君津市デマンドバスタクシー、【きみぴょん号】七里川温泉終点下車。夷隅郡市、市原郡市との相互交通は現在では存在しません。1970年迄1日3往復だけ、上総中野駅⇔上総亀山駅の路線バスがありました。人的な交流がないのでしょうかね?木原線が未成だったことよりも、同じルートの路線バスでさえ廃止の現実があるのです。安房天津駅からは鴨川市コミュニティバス、【清澄ルート】奥清澄終点(白岩温泉)下車。つまり、七里川温泉~白岩温泉間は、公共交通機関では行けないということになります。この区間は大型車通行禁止のためです。タクシーか自動車でなら行くことが可能ですが、すれ違いポイントがあるものの道幅狭く、実質ミニバンより大きいと、すれ違い不可です。軽自動車、モーターサイクルがおススメ。行き易くてもモーターサイクルで川床に乗り入れしないでください!川の環境破壊なのも勿論、モーターサイクル走行環境も悪化します!七里川に限らず、何処の川も海岸も、走れる場所(沈下橋や海浜道路)以外全てです。川で洗車とか最悪!ライダーに、【撮り鉄】より酷いのがいる!私が許すと思いますか?

P.S この渓谷には2軒温泉宿(七里川温泉と白岩館)があり、日帰り入浴が可能です。七里川温泉は囲炉裏で、自分で持ち込みの食材(主に海産物)を焼いて食べられます。隣の知らない人同士でも直ぐ仲良くなります。お客さんは各漁港の漁師が多いんですよ。この雰囲気に馴染めるか、馴染めないかで、随分と変わった感想になると思われます。本物の、【千葉県好き】かどうかの、【踏み絵】といっても差し支えないと思える場所です。白岩館は入浴料¥1,000、露天風呂貸切り¥1,500、なので2人以上は良いですよね!客室は2室。1日2組限定。内風呂2つ、露天2つ、なので宿泊はグループ毎の貸切り湯!ただし隣同士で声が聞こえます。お楽しみは別の場所で済ませてからがおススメです!どちらも、千葉県に珍しい薄褐色硫黄泉でツルっとした浴感。温泉マニア評価高いです。料金等は最新の情報ではなく、不定休の可能性もあります。先ずは℡してみましょうね!

七里川温泉【七里川温泉】君津市黄和田畑(きわだはた)921-1 ℡0439-39-3211

白岩温泉【白岩館】鴨川市四方木(よもぎ)661-17 ℡0439-39-2666(君津市の番号!)

764

図は七里川渓谷の位置です。夷隅郡市ではなく君津郡市と安房郡市の境で、秘境です。

765

写真は初冬の紅葉。養老渓谷より数段上です。日光いろは坂よりも上だと思えますね。日光いろは坂より更に秘境なので当然といえば当然ですが、千葉県というのが奇跡で。

766

写真は夏の川遊び。犬を連れて行くのも良いでしょう。水遊びをするなら、千葉県なので海岸に行けば良いのですけどね!ココは雨の後でも水が濁りません。子供を連れて行く場合にはマナーとして、【脱げないサンダル】とライフジャケットを着用させてくださいね!

toevs.lovella