【新規】羽田空港用の原付2種スクーターその3

海森 寄与師老です。健康診断尿検査で潜血が診られ、尿再検査OK⇒エコー診断で膀胱に突起状のものが診られる⇒膀胱内視鏡、ということになりました。エコー診断迄は勤め先の敷地内ですが、膀胱内視鏡は済生会病院という医療機関で受診しました。千葉県民に解り易く述べると亀田病院級の医療機関です。結果は膀胱内襞を突起状のものと判断されただけで膀胱は出来物1つなく綺麗なものでした。反省点は健康診断前にチンチンをチャックに挟む事故があったことです。外傷は治っていたので健康診断を受けたのですが、尿道内に損傷があり、だから潜血が診られたということなのでしょう。もし膀胱癌だったら医療費だけでも大変になったと思います。結局は医療費は歯石取りに歯科医に行くだけで済みます。

いすみ鉄道級に話が脱線しましたが、宇都宮市の道路交通状況は渋滞で、モーターサイクル、自転車通院が多いとかで。済生会病院の駐輪場は大きく、そこでの張り紙を見て吃驚しました。モーターサイクル、自転車盗難が相次いでいるとか。そんなこんなで、現在はガードマンが巡回しているそうで、私もガードマンさんと話をしました。モンキーで行ったのですが、モンキーは最も盗難が多く、次いで現在はカブが多く、PCX、NMAXとか高級原2スクーターも多いと。ガードマンさん曰く、『昔はカブなんてありきたり過ぎて、盗難になんて遭わなかったけど、今はオサレなバイクということで盗難が多いんだ!』ということです。羽田空港行き原付2種スクーターは、オサレなカブはヤメ、今現在ありきたりの非高級のスクーターにします。

非高級スクーターといえばスズキのアドレス110です。メットインは20.6lとヘルメットは入れられるけどそれだけよ、のため、ライディングウェア等を入れる別箱が必要です。別箱といってもカブの様に54l以上の箱をホイホイ積むことは出来ません。しかし、GIVIベースをボルトオンで止められるので、GIVIベースだけ買えばモンキー用に使用のGIVI箱を共用出来ます。このGIVI箱も23lでライディングウェア等は入れられるけどそれだけよ、でしかなく羽田空港行き原付2種スクーターなのに、出張、旅行用のスーツケースはどうすんのよ論は残ります。しかし、アドレス110はラージホイールスクーターなのでGIVI箱を付けても完全にタンデムシートが使えます。スーツケースはタンデムシート上に置き、GIVI箱に括れば運搬出来ますね。

スーツケースはGlobe-Trotterの35l(縦型)とRIMOWAの32l(縦型)34l(横型)。スクーター単独のメットインが最大級でも、結局メットインにはスーツケースは入らないので、スクーター単独での使い勝手に拘る必要はなく、使い勝手のリード125は選択枝にありません。別荷物の搭載性が高いため選ぼうとしていたカブ110ですが盗難の恐怖から諦めます。したがって、54l以上のデカ箱を付ける選択枝もなくなりました。オサレではなく、ありきたりで、非高級で、態々盗難しようとは思えない、GIVI箱を付けてもタンデムシートがフルに使えるラージホイールスクーターで、コレダを下取りする都合上、同じスズキ車はアドレス110の一択です。膀胱癌ではなかったので買えるお金はありますが、秋迄忙しいため年末年始に自力登録します。

butrick.rlj@mailxu.com